スタッフブログ

間取りにせよ仕上げにせよお施主様へのご提案内容を考えていくとき、わざと自分に制限を掛けたり、意図的に自分が得意なパターンを外したりすることをします。

 

それは正直僕自身にとってはとてもしんどいことだし、無理してそうしなくても良いのではないかと思われるかもしれませんが、それでもやはり得意な思考パターンを外して再度考えるようにしています。

 

あるいは、例えばご提案の間取りがひとつ出来たとして、最初の計画と玄関の位置をまるっきり違う場所にしてみたり、和室を動かしてみたり、あるいはキッチンとダイニングテーブルの位置関係を崩してみたりします。

 

それは僕自身の中で何をしているかと言うと、最初にできた計画案が本当に正しいものかの検討であったり、他のアイディアでより優れたものが無いのか確認していくという部分も大きな要素になります(仕上げはお客様のイメージやコンセプトに従ってご提案ということが多いです)。

 

 

そう言うしんどいプロセスを経ることによって、結果的にお施主様へのプレゼンがひとつの計画案であったとしても様々な方向から検討しているのでより説得力もある話や、ご説明をさせて頂けることになります。

 

良くない表現かもしれませんが、ひとつの計画案は僕にとっては1件の案件という言い方もできるのかもしれませんが、お施主様にとっては一生事になります。

 

毎度どこまでも真剣に挑戦し、より良き家の計画になるように頭で考えられることはなるべく多く検討して、住みやすい家になればそんな嬉しいことは無いといつも思っております。

 

  


 

➡ 三重県で注文住宅を建てるリビングモチーフキキ

新築、リフォーム、土地探しはお任せください!
  
 

インスタグラム 1000follow達成、ありがとうございますm(_ _)m

 

 

 

 
 
 
 

記事一覧

1ページ (全13ページ中)

ページトップへ