スタッフブログ

代表取締役 竹森 徳人 自己紹介へ

続・土地を購入するのに必要な要素4つ

前回の『土地を購入するのに必要な要素4つ』の後半で購入する/しないに関わらず物件を事前に色々な角度から検討しておくことが大切であると書きましたが、その部分をもう少し嚙み砕いて書きます。

 

先ず持って、僕の性別が男でありますので、以下が男目線的なご説明になっているかと思いますがお許し下さい。

 

例えば古い自動車やアンティークの腕時計あるいはレコードや何かのコレクションかもしれません。何せ普通に購入することが難しいものがあるとして、例えばそれが古い車として、色々な理由からその車がどうしても欲しいとします。

 

どうしてその車が欲しいかはさておき、車が古ければ古いほど探すのは難しいのかもしれないし、ある程度事前にどのような成り立ちで出来ている車であるのか知らないと、パッと出で物が出た時にその車がお金を出して買うに値するものなのか、あるいは手を出してはいけない車なのか、あるいはこのくらい手を加えれば十分だと思えるモノなのか判断が必要になります。

 

そのジャッジの根拠はやはり自分で色々勉強して、購入前には充分考えて、決断をするという流れになると思います。

そう、要は自分自身の『価値の基準軸』を持つということが求められるんだと言っても良いのだと思います。

 

 

つまり、土地購入でも同じで事前に買う/買わないに関わらず、土地を色々な方面から事前に検証する練習をしておきますと、本当に縁がある物件と出会った時に早く決断に至れる可能性や失敗しない確率が上げられるということになるのではないかと思っております。

 

記事一覧|2021年6月

ページトップへ