『坐辺師友』(ざへんしゆう)という言葉があります。

 

自分の周辺の生活空間、自分の身辺にあるものこそが

おのれの師であり、友であるという意味で流通しているものと思います。

 

そういう視点で家を考えてみますと

家と単純に言ってしまうことが多いですが

お施主様ご自身におかれましてもそうですし

そこで大きくなる子供たちに大きな影響をあたえるということになります。

 

となりますと、誰かのために計画されたありふれて退屈な家ではなく

あなたらしさを表現した

あなたの生活感に根差した家を求めるということが

あなたの人生をより豊かなものにするということに

非常に直線的に繋がって行くようにも思います。

 

 

そうは言っても誰にだって予算もあるしということは避けては通れない問題でもあります。

 

そこで僕たち工務店の存在意義があるのだと思っております。

 

間接費を極限まで抑え、お施主様の夢の実現のサポーターであること。

 

小さな会社だからこそ小回りが利き

あなたのイメージを超える提案型のスタイルでと

家づくり取り組ませて頂いております。

 

なぜなら、家族で家で過ごす時間が凄く多い訳だし

家は、それを器として子供を育む場所であり

古人は『坐辺師友』と表現してくれておりますので。

 

拘った、世界唯一の家づくりがきっと必要なんだと思います。

 

  


 

➡ 三重県で注文住宅を建てるリビングモチーフキキ

新築、リフォーム、土地探しはお任せください!
  
 

インスタグラム 1000follow達成、ありがとうございますm(_ _)m

 

 

 

資料請求はこちら

無料電子カタログはこちら

  
 

1ページ (全20ページ中)