代表取締役 竹森 徳人 自己紹介へ

間接照明にこだわる。

明るい照明や直接目に光が目に入るのが、あまりお好きではないというお施主様の為に間接照明多めにてご提案させて頂きました本宅、まだ施工中ということもあり以下にご紹介の写真もこちらの現場の全ての照明計画のご紹介ではないのですが、やはり並べてみますと圧巻ですね。

 

 

 

こちらは建物外部になりますが、こういった部分の照明計画はセンサーを多用頂くと良いと便利でオススメです。

 

玄関ホールは建築的な他の仕掛けもあり、若干暗めを狙っての間接照明とさせて頂きました。そうなんです、間接照明も見せ方をキチンと考えて、どんな光を何に当てるかはキチンと事前に織り込んでおくべきだったりします。

 

 

 

上方向に光を延ばす計画は効果が高くとても綺麗な光の当たり方になることが多いです。

 

 

和室も敢えて壁自体には建築的な操作は加えず、光を綺麗に反射するための壁とさせて頂きました。

 

 

こちらは折下げ天井での間接照明です。

 

 

こちらまだ未完成ながら鏡後ろの間接照明がとても綺麗で『パシャリ』。本宅の為だけに作られたオリジナルの洗面化粧台もとても良い感じです。

 

寝室も床を照らす間接照明。夜はベッド部分が浮かび上がって見えるように計画させて頂きました。

 

記念に残るものがあり、それを常にどこかで見ていたいというリクエストにこたえる形で製作させて頂きました飾り棚内の間接照明です。

 

本当にこちらのお施主様宅では色々なバリエーションの間接照明をご採用頂き(今回ご紹介させて頂けていないものもあり)、現場サイドはとても大変そうでしたが綺麗な照明が実施できたなぁと感じております。

 

今回は間接照明のご紹介ですが、何かテーマを持って家づくりをするというのは注文住宅ならではの醍醐味だと思います。

  


 

三重県で注文住宅を建てるリビングモチーフキキ

新築、リフォーム、土地探しはお任せください!
 
 
 
 
 
 

1ページ (全30ページ中)