美しく洗練されたモダンな住まい

シンプルながら内容の濃い、まるでエスプレッソのような本宅。本当に必要なものを集めたような家づくりとなりました。

 
玄関

 

天井からの明かりがニッチのタイルを照らすという計画で、全体の壁や天井の『白』とのコントラストが非常に美しいものになったと自負しています。

 
LDK

 

これぞ当社のノウハウをギュッと詰め込んだようなLDK。

家の計画は、当社からのご提案と言う部分もありますがやはりどこまでいっても主役はもちろんお施主様で、こちらでもお施主様のお考えやお好みが色濃く反映されいます。そこに工務店側のノウハウがミックスされて、住みやすい、でもどの家とも違うお施主様のお好みの家になるように思います。

 
タタミコーナー

 

LDK②

 

当社自慢のイタリア製のハイドア『LA VIVA (ラ ヴィーヴァ)』は、今回はボルドー色。そこに濃い色目のグレイのタイルを張り、上から全体を間接照明で照らしています。

 

その横にはタタミコーナーがあり大勢でお過ごしになる折りなどは、こちらのタタミ部分に腰かけての談笑などにもお使い頂けます。また、タタミコーナーに特別な雰囲気を与えるため一部にオリジナルタイル『VANESSA (ヴァネッサ)』を張り、床のような仕様にしました。

 

L型のLDKになりますこと、また動線的にもいつもご家族の事を感じられる作り込みがされています。

 

またカーテンをレールでの取付でなく、掘り込みとすることでスッキリとした印象が感じられるのではないでしょうか?こう言った場合カーテンの面積が一般的な取付より大きくなりますので、カーテンの印象と部屋のマッチングを非常に強く意識する必要があります。

 
ダイニング

 

ダイニング②

 

鉄骨階段は、階段の一段目の向きを変えることで人を迎え入れるような形とさせて頂いています。階段も色々な形状やパターンがあり、階段の上がり鼻の形状といった部分はなかなか目が行きにくい部分ではありますが丁寧に作り込むことで到達できる気持ち良さや住みやすさもあるという事です。

 
LDK③
 

毎回申し上げております『コンセプトに従った形での全体感』を常に意識した作り込みが今回もなされています。

 

当然折角の家づくりだから欲張ってあれこれしたい気持ちもどなた様にもあろうとは存じますが、それが良い結果になるかどうかはなかなか難しく逆に欲張った結果、チグハグになっても困りものです。その辺りの塩梅もお施主様と業者との度重なる話し合いで決定されていきます。

 

LDK夜

 

出来上がった時が一番綺麗と言うことではなく、お施主様と業者とが一緒になって作り込まれた家の各部分が、お施主様の生活と共に成長し、毎日を美しく奏でる家となりますようにと、そんなお家が素敵だといつも考えています。

 

 

 


 

事例紹介一覧へ戻る

 

▼資料請求・お問い合わせはこちらからどうぞ!▼

 

 

画像

画像

 

 

家を見る|事例紹介

ページトップへ